« そしてサイト制作 | トップページ | 嫌なことから逃げない »

2005年7月23日 (土)

ホームページを公開して

ようやく「ビジネスルールの宴」というホームページを制作し、自作の4コママンガを公開することができた。
そしてマンガを見た人からのメールを待った。
面白いと言ってくれるか、つまらんと言うか!?

その結果、チラホラとメールが来て、そのほとんどは「面白い」という感想だった。

「やった!」

しかしよくよく考えると、「つまらん!」と思った人は、わざわざ感想メールを送ってくれるとは思えない。
中には「こんなしょうもないマンガを描いている暇があったら、ちゃんと仕事しなさい。」といった、「ありがたい」メールも来たが、そりゃほとんどの人は「面白い」と言ってくれるはずだ。

まあそんなことに気付いた後は、特に自分のマンガが「東京のOLに受けるかどうか?」ということなど、気にしないようになった。
と言うか、「面白い!」というメールが来たら素直に喜ぶ。
来なかったら来なかったで、気にしない。

まるで星占いを見て、いい内容の時だけ信用するのと一緒やがな!

そう言いながらも結構、雑誌でサイトを紹介するとか、連載しませんか?とか、講演をしてくださいとか・・・
「ビジネスルールの宴」のおかげで、色々と経験させてもらった。
普通のサラリーマンには、なかなか体験できないことを、色々と体験した。

だから改めて、もう一回言っとく。
「双葉社の編集者さん、ありがとう!」

というわけで、本日のマンガをどうぞ!

面白ければ、クリックお願いします!
↓↓↓
人気ブログランキング
人気blogランキングへ


■タイトル:言葉遣いに気を付けるPart2
●解説:
ちゃんとした言葉遣いをすることは、ビジネス社会での常識です。自分のことは「俺」や「僕」ではだめで、もちろん「私」です。
しかし私には、なぜ「私」が良くて、「わて」も「おいどん」も「わい」もダメなのか、よく分かりません。
他にもなぜそのように決まっているのか、よく分からないルールや取り決めが一杯あります。

理由がよくわからないのに、素直にそのルールに従ったりすると「ああ、俺も大人になったよなあ・・・」と実感できます。 つまり、ビジネスルールは「大人になった気分」を味わうためにあると言っても過言ではないでしょう!
(過言だってば!)

kotoba-zukai2


●教訓:女装はしなくっても、いいんだってば!!

|

« そしてサイト制作 | トップページ | 嫌なことから逃げない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27260/5118308

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページを公開して:

« そしてサイト制作 | トップページ | 嫌なことから逃げない »